今日は、はごろもの創立記念日です。
2001年4月の開設ですので、18年目となります。
今後とも地域のご利用者様やご家族様に信頼され喜んでいただける
施設を目指して努力して参りますので
引き続き宜しくお願い致します。

今日のブログはお食事についてです。

食事の効果

高齢者にとって「食べること」は楽しみや生きがいになります。
ごちそうは、もちろん気持ちがワクワクしますが、
気持ちを許せる人と、一緒に食事を食べる事で心身共に豊かになります。
「今日のメニューは○○!」と聞いて一緒に一喜一憂できる人がいるって素敵な事です。

三食規則正しく食事をする事で、規則的な生体リズムを形成します。
規則的な便通が保持され、良眠にも繋がります。
身体を動かしたり、入浴する事でお腹も空きます。
そして、体力アップ、感染症の予防など…つまり、良い事だらけですね。

 

食事形態

ご家庭では、嚥下状態に合わせて食事の形態を調整する事は簡単ではありません。
もしかしたら…食べたい物や栄養価を考えてメニューを決めるのではなく、
食べられる硬さ形状のお惣菜を購入されているかもしれません。

はごろもでは、栄養士が考えたバランスの取れた献立を
高齢者のお口や嚥下状態に合わせた形態で提供させて頂いております。
施設の厨房で作っているので、お腹の調子が悪かったり、口内に痛みがあったり、
うっかり入れ歯を忘れてしまったなんて時には、ご飯をお粥に変更する事が可能です。
お肉等の硬い物を食べやすい大きさに刻んでお出しする事もできます。

代替えメニュー

アレルギーやどうしても食べられない食材がある方には、
代替えの食材で提供させて頂く事も可能です。
(全てのメニューに代替えがある訳ではありませんが、
メインの献立が食べられない事がない様に配慮させて頂いております)

お楽しみ献立

はごろもでは、1ヶ月間に1週間、<お楽しみ献立週間>があります。
厨房で調理して頂いたお魚をご利用者様の目の前で炙る事で、
視覚・聴覚・嗅覚などの五感で楽しんで頂きます。
手づくりだから、季節に合わせた温度の麺類も提供できます。
デザートは、2種類の中から選んで頂きます。
中には両方を選ばれる方もいらっしゃいます。
(何にしようかな?と考える事が認知症予防にも繋がります)
冬期の間にはお刺身や海鮮丼などもお出ししています。

給食会議

毎月1回、お食事を作って下さる会社と理事長、各部署の代表者が集まって、
味付けや食べやすさ、イベント食の検討を行いより良い食事提供ができる様に
取り組んでおります。

こんなにおいしい「はごろもの昼食」は1食480円です。

 

おまけ!

職員もご利用者様とほぼ同じメニューの昼食を頂いています。
はごろもに入職し、数ヶ月過ぎると自信や喜びと一緒に
体重も増えている様です(;^ω^)
温かい物は温かく、冷たい物は冷たい状態で。
それぞれ、適温で召し上がっていただく事が可能です。
昼食の心配がないので、全力で仕事に向かう事ができますよ!(^^)!