足立区西新井で、ICTリハで介護改善に取り組んでいるデイサービスです

デイサービスはごろもの介護・生活リハビリの取り組み

今、会える幸せ

年齢も重ねても、明るい気分で過ごしたいですね。悲しい顔より、普通の顔、そして何より笑顔の方が良いです。
ご自身が介護が必要になったり、ご家族が介護が必要になったりすると、困ったなぁ~と思うかもしれません。
”デイサービスはごろも”に来ていただくと、「何だか楽しくなった。」、「身体を動かしやすくなった。」と思っていただけます。介護が必要になっても、笑顔が増えることをきっと感じていただけます。

今、できる幸せ

介護されることが多いと、どうしても人任せな生活になりますが、自分でできることが多いと、自分で思うように生活していけます。なので、少しでも自分でできることが多い方が自分らしい生活になると思います。
”デイサービスはごろも”では、ただ運動や訓練を行うのではなく、生活を送る上でどういった動作が必要か介護やリハビリの専門家と一緒になって考えて、現在の体の状態・持っている病気に合わせて、最適な機能訓練&リハビリの目標とプログラムを組んでいきます。ビッグデータを活用したICTリハ(経済産業省の平成28年度健康寿命延伸産業創出推進事業で採択)を利用して、効果の出やすいプログラムを提案していきます。

 

自分らしい生活のための体と認知症のリハビリ

高齢になると、「歩くのが億劫」、「歩けなくなる」など体が弱くなりがちです。そして、「あれ?どこに物をしまったかな?」など物忘や認知症になることもあります。こうしたこと積み重ね、介護が必要な状態が進み、自分らしい生活が送ることが難しくなってきます。
”デイサービスはごろも”は、「体の動作の維持・改善」や「認知症の発症予防、症状の緩和」に効果的なプログラムを取り入れています。

 

以下のようなご要望がある方に利用していただいています

1.歩行状態が不安定もしくは普段は車椅子を利用しているが、自宅でのベッドへの移乗やトイレ利用をできるようにしていきたい。


2.慢性的な病気があるので健康状態を確認してもらいながら、機能訓練も行い、少しずつ元気にして入院しないでご自宅での生活を続けられるようにしていきたい。


3.認知症が発症していないか、もしくは軽度の認知症の症状の方が、認知症を発症しないように、または認知症の進行を遅くできるようにしたい。

ICTリハでとピラティスで、効果を出す介護改善プログラム

(1)介護状態改善・認知症予防のフィンガー研究

フィンランドで行われている認知症予防の「フィンガー研究」では、有酸素運動・筋肉トレーニング・食事・認知トレーニング・健康管理を組み合わせ、仲間と一緒に行うことで継続することで、認知症予防に対して有効な結果が出ると報告されています。(「フィンガー研究」で検索してください)
単に有酸素運動だけ、認知トレーニングだけを続けるより、複数の活動を取り入れた方が、効果が出やすいそうです。

(2)ビッグデータとAIを活用したICTリハ

このフィンガー研究の取組をもとに、群馬県高崎市にあるエムダブルエス日高さんが開発したICTリハのプログラムを、”デイサービスはごろも”では、取り入れています。
ICTリハのプログラムは、フィンガー研究の有酸素運動・筋肉トレーニング・食事・認知トレーニング・健康管理に加え、ストレッチ・スポーツ・日常動作訓練の3つ活動分野を加えています。
そして、症例をビッグデータとして蓄積されており、身体状態や病気の状態によって、8つの分野をどれくらい取り組むと、効果が出やすいのか、AI(人工知能)が提案してくれる画期的なプログラムです。

(3)ピラティスの導入

さらに、”デイサービスはごろも”では、有酸素運動・筋肉トレーニング・ストレッチのプログラムに、より効果を高められるように、ピラティスの動作を取り入れています。
ピラティスは、ドイツで、戦争の負傷者の方向けのリハビリ目的に誕生したプログラムです。普段意識することのない呼吸、深層筋に意識を向け、関節の動きを整えていくのに有効で、ドイツやアメリカでは、リハビリプログラムとしても積極的に取り入れられています。無理なく行えるので、子供からシニアまで広い年齢層で行えるエクササイズです。
ピラティスは、リラックスしながら運動を行い、姿勢も良くするので、精神的にも良い影響があると言われています。今後、要介護の方だけでなく、ご家族向けなどにもピラティス教室として公開していきますので、ぜひ、ご参加ください

介護改善の基礎となる食事

健康な体作りは、しっかりとした栄養が大切です。運動だけしても、栄養不足だと、リハビリや認知症予防の効果は望めません。また、食事を楽しめることは、気分が良いものです。はごろもでは、食事も大切なプログラムの一環として以下の取組を行っています。

○栄養士がタンパク質や塩分など栄養バランスを考えて、メニューを作っています。糖尿食・減塩食・腎臓病食も提供できます。
○その日に作り・出来立ての食事にしています。お米は毎朝精米したもので炊いています。
○ちょっとした贅沢と季節感を楽しむお楽しみ食事週間が毎月あります。たまに、びっくりする演出もあります。
写真:お楽しみ食事習慣の様子。
○噛む・飲み込む力に合わせて、一口大・キザミ・ミキサー食・トロミ食などの食事形態を用意しております。
○スタッフも同じ食事を食べ、メニューの構成・食べやすさ・味付け・盛り付けなどをチェックしています。そして、毎月食事の会議を行い、より美味しいと思っていただける食事作りを目指しています。

車椅子の方も対応の入浴

ご希望の方は、デイサービスで入浴できます。
○手すり付きの階段で入浴できるので、ご自宅の浴槽に跨ぐのができない方でも安心してお湯につかれます。
○車椅子の方には、車椅子対応のチェアインバスがあります。
○ご状態に合わせて、介護職員が着替え・体を洗うなどの動作を手伝います。

医療行為について

下記の医療行為が必要な方も、はごろもをご利用いただけます。
(褥瘡の処置・ストーマの方のパウチ交換・経管栄養・痰の吸引など。デイサービスで医療行為を行う場合は、必ず主治医の指示書が必要です。))
リハビリについても体調に合わせて参加できるように配慮いたします。

 

ブログ

認知症予防!

あだち脳活フェスタ 認知症について「不安な気持ちはあるけど、どこに相談すればいいかわからない」「まだ元気なので自分には関係ない」と思っているあなた。 アリオ西新井で、認知症を知るための様々なイベントを開催します。買い物つ …

お楽しみ入浴週間!

デイサービスはごろもは、お盆休みも元気に営業しています 今週は「お楽しみ入浴」を行っております。 暑い夏をどの様に楽しんで頂こうかとスタッフが一生懸命考えました。 夏休み→ハワイ と言う事で、浴室付近がハワイをイメージし …

デイサービスはごろも職員 ピラティスに挑戦!

作業療法士によるピラティスを行っています 「ピラティス」をご存知ですか? ピラティス・メソッドは、ジョセフ・ピラティスによって20世紀前半に真の健康と幸福を手に入れるために提唱された身体調整法です。 エクササイズを実践す …

意欲がアップするリハビリ

退院後の生活 「こんなはずじゃなかった」「体がフワフワする」「力が入らない」「食事が美味しくない」と 退院直後には、沢山の不安な気持ちがこみ上げてきます。 “はごろも”スタッフは、そんな時に私たちに何ができるかを考えます …

『認知症サポーター養成講座』に参加しました。

絆の安心ネットワーク連絡会の参加   足立区で、地域住民や協力機関が連携して高齢者が抱える問題を早期に発見し必要なサービスにつなげることで、住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを目指すネットワークとして、 …

facebook

PAGETOP